業者に駆除をしてもらいそもそも蜂に刺されないことが大切

女性なら気になる!傷跡を残さない応急処置の方法

傷跡はメイクで隠して外出しよう

おすすめは「ファンデーションテープ」

蜂に刺された傷跡がどうしても気になるということであれば、女性の武器とも言えるメイクでカバーすることが可能です。ではファンデーションテープの使い方をご紹介しましょう。

汗やほこりをふき取り、台紙からシールを剥がす

貼る場所が汚れていると粘着力が弱くなってしまうので、事前に肌を綺麗に整えておきましょう。

空気が入らないように貼る

傷跡を覆うように貼ります。この時、シールを端からゆっくり貼っていくと空気が入らず綺麗に貼れます。

透明フィルムを剥がす

シールを貼ったら、上から軽く押さえます。そして、上の透明フィルムを剥がして完了となります。

ファンデーションと聞くと、リキッドタイプやパウダータイプのものをイメージするでしょう。傷跡を隠したいということであれば、ファンデーションテープのような「貼るタイプ」がおすすめです。非常に薄いスキンカラーのフィルムを貼ることで傷跡を隠せます。耐水性も高く、こすってもはがれにくい優れものです。色のバリエーションも豊富なので、自分の肌の色に合ったファンデーションテープを見つけることができます。

蜂を見かけたらすぐに駆除してもらうこと

蜂に刺されると強い痛みがあるのでパニックになってしまうかもしれません。しかし、その行動は蜂を刺激してしまうので非常に危険です。

業者を呼び退治してもらった方が安全

駆除業者

知識の無い素人が蜂の巣退治をするのは大変危険です。刺されてしまうと傷跡が残ってしまうこともありますし、何より痛いです。それから、刺されることによってアナフィラキシーショックを引き起こす可能性も高まるので、自分で無理に駆除しようとせずに、業者にお願いして退治してもらいましょう。高い場所の蜂の巣も業者に任せれば安心です。業者は蜂の巣駆除のエキスパートです。安全に作業をしてくれるので、自分の身も家族の身も守ることができます。

蜂は無理に刺激しなければ攻撃してこない

蜂はむやみやたらに人を襲うわけではありません。巣に近づいてくるものを敵と見なし攻撃してくるのです。また、激しい動きをしたり大声を発したりするものに対しても攻撃してきます。つまり、蜂を刺激しなければ攻撃されることはないということです。蜂を見かけても慌てずにゆっくりとその場から離れるようにすれば安全です。

TOPボタン