蜂の駆除は業者に任せて刺されるリスクを回避しよう

女性なら気になる!傷跡を残さない応急処置の方法

応急処置を優先的に行なう

蜂に刺された場合は蜂駆除業者を呼ぶよりも、まずは応急処置を先に行ないましょう。蜂に刺されてしまうと命を落とす危険もあるので、正しい応急処置の方法を把握しておけば安心です。

2回刺される前に駆除してもらいましょう

蜂に刺されて死亡してしまった人は毎年30〜40人ほどいます。それだけ蜂の毒は危険だということです。蜂に刺されたから早めに駆除してもらおうと業者を呼ぶのも間違いではありませんが、刺された箇所の応急処置を行ない、万全な状態になってから駆除業者を呼びましょう。

大切な顔や体が傷だらけになるかも……

「蜂に2回刺されたら死ぬ」という噂を聞いたことがあるという人は多いでしょう。これは、蜂の毒によるアナフィラキシーショックというものが関係しています。蜂の毒に対してアレルギー反応を起こしてしまうというもので、死に至る危険もある恐ろしい症状です。1回目よりも2回目に刺されたほうがアナフィラキシーショックを起こしやすいです。2回刺されてしまう前に応急処置を行なったらすぐに駆除業者を呼びましょう。

蜂駆除をしようとしたら顔に針がかすって腫れた (30代/女性/にゃんこさん)

蜂に刺されなかったとしても、蜂の毒針が皮膚をかすっただけで腫れてしまうこともあります。実際にそうなってしまった女性のケースをご紹介します。

セルフ駆除は危険だから絶対にやめよう!

大きな蜂の巣を自分で駆除していたところ、スズメバチに襲われてしまいました。すぐに逃げたので刺されはしなかったのですが、少し蜂の毒針がかすってしまいました。かすり傷程度だから大丈夫だろうと思っていたのですが、1時間経っても頬がヒリヒリしており、6時間後には腫れあがってきました。翌日鏡を見てみると、「うわっ!」と思わず声が出てしまうほど腫れていました。3日経ってやっと腫れが引きましたが、その間はずっとマスクをして過ごしました。自分で駆除するのはもうやめます・・・。 "

TOPボタン